憧れの宇宙を見よう!Kenko 天体望遠鏡 口径90mm屈折式・経緯台式 AZM-90


こんにちは!

子供のころにあこがれた宇宙のこと、夜になると見える星。
あの空には、何が映っているのだろうかと、わくわくした気持ちを持った方もいらっしゃるかと思います。

時は過ぎ、大人になったあの頃のあこがれをいざ行動してみるにも、望遠鏡が必要になります。
ですが、望遠鏡のサイズは思った以上に大きいため、置き場所に困るのが現実・・。

そこで、みなさんの夢を叶える「天体望遠鏡」をレンタル武蔵でレンタル開始します!

今回は、Kenko 天体望遠鏡 口径90mm屈折式・経緯台式 AZM-90のご紹介です!

届いた際はこのようになっております。

中身はこちらです。

鏡筒本体・架台と三脚・接眼レンズ3個・バローレンズ・ファインダー・
天頂エクティングプリズム・微動ハンドル・工具・アクセサリートレイ
水平クラップとハンドルは架台と三脚に取り付けてあります。
組み立てず不要です。ご安心下さい。

まずは、三脚の使用方法です。

1、高さの調整

まずは、架台と三脚を良い高さまで設置します。
※説明書の4ページ目をご確認ください。
三脚の地面の内側につまみネジを回し、使用する高さを調整します。

2、固定する

固定する際は、こちらの水平固定クランプを取り出し、
三脚真ん中へ取り付けて真ん中のネジを手でしめます。

3、上部分のハンドルを手前にもちあげます。

ゆっくりと持ち上げると女性の方でも持ち上げやすいです。
こちらは望遠鏡の角度を変えることができるようになります。

続いて、早速望遠鏡を設置してみましょう!
※説明書の4ページ目をご確認ください。

1、架台へ設置

架台へ鏡筒をとりつけます。
その際に、鏡筒の裏側にある取り付け穴(どちらかひとつ)と架台側のネジを合わせて固定します。

ファインダーの設置

1、ファインダーの取り付け
鏡筒に付いているファインダー固定ネジへ設置します。
ネジは手でも止めることはできます。

2、ファインダーの光軸調整

天頂エレクティングプリズムと、白い箱内にある記載の「MEADE MA 26mm」を使いました。
こちらの2つをこのように取り付けます。

横のネジは手で調整することができますので、レンズに合わせて幅の調整が必要です。

これで全ての設置が完了です。

他のパーツは倍率などに合わせて適応しましょう。
また、使用時には必ず鏡筒の蓋は外してください。

初心者からでも、子どもから大人もみんなで楽しめる商品です。
是非この機会に、レンタル武蔵でご注文をお待ちしております!